上海日本人学校 浦東校 Shanghai Japanese School Pudong Campus

よくあるご質問

よくご質問頂く事項をまとめました。

お問い合せいただく前に、まずは下記内容をご確認頂きますよう

ご協力の程よろしくお願いいたします。

 

1.外国籍での入学は可能ですか?

原則論から言えば、本校は日本国籍者のための学校です。

しかし日本で生まれ、また幼児期や学校生活を日本語環境で過ごしていることで、母国語があまりできていない外国籍の児童生徒も在籍しています。

特に中国籍の場合は、日本における出生が証明され、教育に耐えられる日本語力が有る場合、上海市教育委員会の許可を得ることで、本校入学は可能です。

その他の外国籍の場合は、日本語による教育を受けることができることを前提に、校長或いは学校運営委員会の判断で入学許可を与えることが一般的です。

なお、入学資格にはいくつかの条件(本HP募集要項をご参照ください)が公開されていますが、判断が難しいケースもありますので、入学前にメールなどで各校にご相談ください。

 

2.給食はありますか?

 給食は提供しておりません。

 飲食物を提供する場合、一番の課題は児童生徒個々のアレルギーへの対処や、食の安全確保にかかわる部分です。

 また、本校児童生徒への飲食物の出前も、前述の理由に加え、本校のリスク管理上の問題もありお断りしていますので、ご注意ください。

 

3.通学先は選択できますか?

 小学部の場合、原則として黄浦江の西側(浦西地区)は虹橋校、東側(浦東地区)は浦東校への通学としています。

 なお、中学部は教科担当の教員を多数確保しなければいけないこと、また中高連携の必要性を鑑み、浦東校に配置しています。

 高等部は、前述の中高連携の関係もあり、浦東に配しています。

 

4.寄付金は必要ですか?

 寄付金は原則不要です。

 しかし、学校の施設設備の更新などに対する支援金として、1家庭1回限り、入学時に「施設金」(17,750元)を納めていただきます。

 兄弟姉妹がいる場合、生計を一にする家庭であれば、長子の入学時に一回限りの納入としており、また、日本に帰任後、再赴任した場合でも、納入控(領収書)が有れば、再納入は不要です。

 なお授業料収入で運営している本校において、寄付をいただくことは有難く、各校にご相談いただければ幸いです。

 

5.学校見学は可能ですか?

 本校は、在外教育施設であり、児童及び施設の安全確保には厳重なセキュリティ体制をとっております。地区警察からも、児童・職員以外の入校を制限するよう厳しく指導されております。
 また、本校の新入学・編入学児童は年間550名を超えており、同様のお申込みに個別に対応させていただくことができないという現状もございます。


 お子様を入学させる際の参考にされたいお気持ちは十分にご拝察いたしますが、このようなセキュリティ体制と新入学・編入学児童数においては、学校訪問に対応できないのが実情です。以上の理由から、学校訪問につきましてはすべてお断りをさせていただいております。

 学校の様子につきましては、ホームページを閲覧いただくことや門の外から見ていただくことで確認くださいますようお願いいたします。またご質問はメールや電話でお答えさせていただいております。

 

6.通学バスはありますか?

 学校ではスクールバス通学はありませんが、校車通学があります。校車通学は、保護者とバス会社が直接契約を結び、保護者の責任のもとに行う通学になります。学校は上海市教委等の指導で、バス会社に校車証の申請を協力しています。お住まいの場所によっては、校車バスに乗車いただけない場合もあります。ご心配な場合は、事前にお問い合わせいただけますようお願いいたします。                   

(お問い合わせ先:bus-pudong@srx2.net.cn

 校車通学の費用は、年2回5.5ヶ月分ずつ先払いで納入していただきます。

火・木曜は小学部と中学部の下校時刻が違うため,浦西地区に居住する小学生については,下校のバスを用意できないため個人通学となります。

 

7.月の途中で編入した場合の授業料はどうなりますか?

  本校では授業料を半月割りで頂いております。

  ・1日~15日までに編入された場合:1ヶ月分の授業料が発生

  ・16日~月末までに編入された場合:半月分の授業料が発生

 

 例:1015日に編入(登校開始)した場合→10月の1ヶ月分授業料が発生

   1031日に編入(登校開始)した場合→10月分の半月分授業料が発生

 

8.月の途中で退学した場合の授業料はどうなりますか?

  本校では3月を除く、4月~2月まで授業料を半月割りで頂いております。

  <4月~2月に退学>

   1日~15日までに退学された場合:半月分の授業料が発生(※)

   16日~月末までに退学された場合:1ヶ月分の授業料が発生

  <3月に退学>

   3月に退学した場合は日にちに関わらず1ヶ月分の授業料が発生

 

※授業料お支払い後に授業料の返金が必要になった場合は、必ず発行済み発票(領収証)が必要となります。

  発票の原本が無い場合は返金出来ませんのでご了承ください。

 

9.編入ができない月はありますか?

1学期末の7月と2学期末の12月、学年末の2月・3月の受入れは行っておりません。